XEBIO GROUP

ステートメント・ビジョン
「スポーツの国をつくる」ために、
私たちが目指していること
私たちは、これまでスポーツとの接点を持つ機会のなかった方々にも、スポーツの持つ「価値」を伝えていきたいと考えています。
それはスポーツが、チームとの一体感や、努力の大切さ、勝利の喜びなど、日常ではなかなか体感することのできない「感動」を教えてくれるからです。
人々と「スポーツ」との関わり方は様々で、スポーツを「する」だけでなく、「仲間をつくる」、「観る」、「応援する」など多岐にわたります。

私たちゼビオの店舗は、ただモノを販売するだけの場所ではありません。店舗は私たちのビジネスとお客様とのコミュニケーションチャンネルです。
私たちは接客や魅力的な売場づくりを渡おじて、情報を発信し、スポーツの魅力を直接伝えることができます。
スポーツがもたらしてくれる感動シーンをお客様に味わっていただくお手伝いをする。
私たちはスポーツナビゲーターであり、日本のスポーツ文化の健全な発展を支えているのです。
さらに、「スポーツ」を基点にして様々な業種・業態と協働し、「スポーツの新しい価値」を一人でも多くの方々に提案していく「スポーツコングロマリット構想」を掲げています。
今後も、小売業の枠を超え、スポーツの可能性を最大限に引き出し、伝えていく。
同時に、スポーツ業界のビジネスモデルを変革し、スポーツのビジネスとしての価値を最大化させ、その結果としてスポーツの健全で持続的な発展に貢献、人々の身近に「スポーツ」のある、健康で明るいライフスタイルを支援し続けます。
スポーツコングロマリット
なぜ「スポーツコングロマリット構想」の
実現を目指すのか
スポーツ小売市場は約1兆7,000億円とされています。少子高齢化によるスポーツ競技人口の減少が予測される一方、健康志向を背景にランニングやトレッキングがライフスタイルに根付くなど、新たな市場も生まれています。また、各種プロスポーツ選手たちの活躍に多くの人々のこころが動かされ、スポーツへの参加意欲が高まることで市場が拡大していくことも期待されます。ゼビオグループは、スポーツ小売市場でのシェアを着実に拡大していくとともに、「小売業」のノウハウを最大限活用し、スポーツ関連事業の可能性を追求します。
スポーツ関連事業は、コミュニティ運営、情報・サービス、プロスポーツ運営支援から、スポーツ施設運営、スクール、医療・健康事業など、その市場規模は10兆円を超えるとされます。これらの大きな市場を当グループの事業領域と捉え、様々な角度から挑戦し続けていきます。
グローバル化
海を越えて。
スポーツに国境はありません。
ゼビオホールディングスは、国内市場の変化へ対応しながらシェアを拡大しつつ、近隣のアジア地区への出店とグローバル競争に向けた準備を進めています。スーパースポーツゼビオの海外店舗は現在5店舗となっており、2014年4月には、シンガポールに拠点を設置しました。今後は現地のビジネス環境の優位性を活用し、海外事業の統括拠点と位置付け、アジアにおけるスポーツライフスタイルの拡充を目指していきます。